世界の共通語となる英会話を身につけて視野を広げる

教育機関でコミュニケーション能力を身に付ける

英会話の勉強

今までの英会話学校のスタイルは

皆さんはこの国際社会の中で何に重点を置きますか。英語を話せることに重点を置く人もいらっしゃるのではないでしょうか。英会話を習うために英会話学校へ行かれる方もいらっしゃいます。英会話学校はここ数年で様々な形態が出てきました。数年前は教科書があり、その教科書について議論したり文法を学んだりすることが多かったです。しかし最近の傾向では、教科書はほとんど使わずに自分たちの考えていることや感じていること、疑問などについて自由に話をする機会を多く持つようになりました。最近の教育の中身は自分の主張を英語でする力を養うことに重点が置かれるようになったのです。それが英語が上達する一番の近道であると考えられているのです。

これからの英会話学校の傾向について

今の英会話学校では自己主張に重点が置かれていますが、これからの国際社会ではそれだけでは足りないと考えられています。相手の話を理解してその答えを正確に返答できるに重点を置かれることが多くなってくるでしょう。最近はマンツーマンのクラスが人気です。少しでも早く英語が話せるようになりたい、そう考えてのことですが使う場面が無ければ話せなくなります。そうならないためにも議論ができる少人数制のクラスがある英会話学校とマンツーマンの英会話学校が重要視されてくるでしょう。これからの動向としては、初心者はマンツーマンで中級者以上は少人数でグループディスカッションができる形態の学校がふえてくるのではないでしょうか。